株式会社桜井グラフィックシステムズ株式会社桜井グラフィックシステムズ

岐阜県・美濃商工会議所主催「まちゼミ」開催レポート

令和元年8月2日(金)13時~14時半に美濃商工会議所の催し「まちゼミ」の一環として、一般の方に対して、岐阜工場の見学を行いました。
「まちゼミ」は、美濃商工会議所が主催し、美濃市及びその周辺地域の方々に、美濃市にある商店や工場を訪問し、色々な体験、見学をしてもらうという催しです。岐阜工場では、地域貢献と岐阜工場を広く知ってもらうことを目的とし、美濃商工会議所からの要請に基づき参加しました。

当日は、小学2年生から中学生の親子4組を含む17名が参加しました。
まず最初に、3階会議室で当社の概要と当社の主力であるスクリーン印刷が広く利用されていることを説明しました。参加者の中には熱心にメモを取り、聞き入っている姿が見受けられました。

次に、開発部で3DCADソフト「CATIA」のデモンストレーションを観ました。子供たちは、直感的かつ立体的にゲーム感覚で設計できる様子に目を輝かせて見入っていました。

続いて、製造現場を案内しました。
オフセット印刷機の組立ラインでは、オフセット印刷機の多色機の大きさに驚き、このような大きく、数百の部品から作られている複雑な機械をこの美濃市で製造し、桜井グラフィックシステムズの岐阜工場から外国に出荷されるのを知り、感心をしていました。
スクリーン印刷機の組立ラインでは、そのラインの活気を実感していただき、自動倉庫のダイナミックさには、「こんな立派な自動倉庫は見たことがない」という声も聞かれました。オーバーホール課やFMSを見て回り、三次元測定室では、1μまで精度を求めて製造する姿勢に感心の声があがりました。
最後に、箔押し機械のLQM-105のデモンストレーションを実演し、鮮やかな刷り上がりに驚きの声が上がりました。

参加者からは、「面白かった」、「勉強になった」、「見所がたくさんある見学だった」といった声があがり、ご満足頂けた様子でした。

今後も、このような地域活動を通じて、美濃市の産業の発展と、賑わいあるまちづくりに努めてまいりたいと思います。