株式会社桜井グラフィックシステムズ株式会社桜井グラフィックシステムズ

第9回 岐阜工場新技術発表会レポート

4月16日(火)~19日(金)の4日間、岐阜工場において恒例の第9回 新技術発表会を開催致しました。
例年同様に光文堂様との共催の中、各種メーカー様にもご協賛頂き、4日間の会期で約457名のご来場を頂き大盛況となりました。

今回の出展では、ストップシリンダー型全自動スクリーン印刷機「MS-102AX」に、新製品のホットフォイル「LQM-105ラグジュアリークオリティーメタル」をインライン化させて、ワンパスの印刷実演を行いました。

スクリーン印刷で表現した繊細な意匠を凝らしたデザインに熱圧着された箔押しのきめ細やかさや手触りを、ご来場の多くの来場者が確認され賑わいました。

また、スクリーン印刷の給紙・搬送技術にウエブテック社製の検査ロジックを融合させた新製品の印刷シート自動検査装置「SI-102OL」では、フィルム等の透明な材料を上下から検査照明を当てることで細かな不良箇所の検知ができるデモ実演を行いました。

スクリーン印刷機の周辺機器として新製品のスクリーン版洗浄装置「SSW-104」では、洗浄時間のみの設定にボタンひとつで簡単にスクリーンの版を洗浄できるデモ実演を行いました。

改良を加えたロータリー複合加工機「OL-66RCS」と、バージョンアップさせた2胴タイプの「OL-266RCS」では、酒ラベルの抜き加工を実演し、オフセット印刷のロータリー技術を応用したピナクル刃による細やかな凹凸の抜きやハーフカットを披露しました。

その他、シリンダー型ロールツーロールスクリーン印刷機「MSDR-30」での印刷実演や、MSDR-30のスマートモデルにダイカットユニットを併せた「MSDR-30S」による非常口ステッカーの印刷+ハーフカットの実演や、IoTによりスクリーン印刷機の稼働状況を管理できるSSF(Sakurai Smart Factory)などの展示を行いました。

本年は海外で実績のある優れた製品をご紹介し、お客様に製品が創造する高い付加価値と機能性をご体感頂けたことを実感するとともに、来年で10回目となる本展示会に向けて、より多くのお客様のお役に立てる製品を提供できるよう、より一層精進してまいります。