株式会社桜井グラフィックシステムズ株式会社桜井グラフィックシステムズ

第9回 岐阜工場 新技術発表会 レポート

4月16日(火)~19日(金)の4日間、第9回となるサクライ新技術発表会を岐阜工場にて開催しました。会場ではスクリーン印刷機と印刷物に付加価値を施す新製品の箔押し加工機LQM-105のホットフォイルラインや、新製品の印刷検査装置、ロールtoロールスクリーン印刷機、印刷後加工機のロータリー複合加工機、イメージセッターなどを出展し、この1年間にお客様の要望を取り入れて開発した新製品や新技術など、サクライブランドの最新情報をご紹介しました。

今回の出展では、ストップシリンダー型全自動スクリーン印刷機「MS-102AX」に、新製品のホットスタンプ「LQM-105」ラグジュアリークオリティーメタルをインライン化させて、ワンパスの箔押し加工印刷の実演を行いました。既存のスクリーン印刷機の生産性も高められるこのラインは、箔押し加工の内製化を検討するユーザーの課題解決にもお役立て頂きました。スクリーン印刷機の厚盛ニスで表現した繊細なデザインに、熱圧着された箔押し加工のきめ細やかさや手触りは、多くのご来場者にご体感頂くことができました。

現場の課題に対応するソリューションとして、新製品のオフライン印刷検査装置「SI-102OL」をご提案しました。スクリーン印刷機にウエブテック社製の精巧なカメラの検査ロジックを融合させて、透明フィルム等の透明体をはじめ、あらゆる材料の検知を想定した仕様となっており、上下から検査照明を当てることで印刷不良の無駄を削減し、安定した品質で印刷物が生産できるデモ実演を行いました。

印刷周辺機器として、印刷オペレーターの作業負担を軽減する新製品のスクリーン版洗浄機「SSW-104」では、ステンレス製の密閉構造による高い品質・高い安全性を確保しながらも、ボタンひとつで簡単にスクリーンの版を洗浄できる装置としてデモ実演を行いました。

印刷の後加工機では、改良を加えたロータリー型複合加工機「OL-66RCS」と、バージョンアップさせた2胴タイプの複合加工機「OL-266RCS」の両機種を出展しました。酒ラベルの抜き加工や、オフセット印刷のロータリー技術を応用したピナクル刃による細やかな凹凸の抜き加工、ハーフカット、ミシン目加工などを実演し、複雑で付加価値の高い加工がワンパスで実現できることを披露しました。

その他、エレクトロニクス業界などでご採用頂いているシリンダー型ロールtoロールスクリーン印刷機「MSDR-30」は、情報端末等の内部基材となる電子部品(積層セラミックコンデンサMLCC等)の薄型化にご利用可能な25μm厚のフィルム材料にも対応しており、ロールtoロールスクリーン印刷機MSDR-30に、ダイカット加工を併せたスマートモデル「MSDR-30S」による非常口ステッカーの印刷+ハーフカットを実演しました。


印刷周辺機器としてご好評頂いているサクライイメージセッターSIS-2800の大型モデルとしてSIS-1800イメージセッターも披露しました。高精度で高精細なイメージングはそのままに、大判フィルムにも対応させて、お客様の仕事内容や環境に合わせてセッターの機械サイズをお選びいただくことが可能になりました。

製造ラインの稼働率や作業時間を可視化し、生産性向上や長時間労働の是正のご提案としてIoTを活用した機械稼動管理システム「SSF」Sakurai Smart Factoryの展示・実演も行いました。

本年は、海外で実績のある優れた製品等もご紹介し、光文堂様との共催のなか、各種メーカー様にもご協賛頂きまして、ユーザーや関連企業様など全国各地から約450名を超えるご来場がございました。
お客様に製品が創造する高い付加価値と機能性をご体感頂けたことを実感するとともに、来年で10回目となる本展示会に向けて、より多くのお客様のお役に立てる製品を提供できるよう、より一層精進してまいります。