2017 東京ショールーム展 開催レポート | 桜井グラフィックシステムズ

株式会社桜井グラフィックシステムズ株式会社桜井グラフィックシステムズ

2017 東京本社ショールーム展レポート

去る10月11日(水)~13日(金)の3日間、本社ショールームに於いて、東京ショールーム展が開催されました。
4月の新技術発表会で発表された新製品の検査装置とフィルムセッターが、関東地区では初披露の場となり、多くのお客様にご来場頂きました。

出展機は、新製品2機種を含む計6機種で、新製品の印刷シート自動検査装置「MS-102INS」は、当社シリンダースクリーン機の搬送部を活用することで高速かつ安定した搬送精度を実現した検査装置で、昨今クライアントの品質要求が高まり検査の重要性が増している中、お客様の『信頼・信用』に貢献する検査装置してご好評頂き、来場されたお客様の注目を集めました。




また、同じく新製品であるスクリーン製版向けのフィルムセッター「SIS-2800」は、市場では供給が減少する中、業界ではまだ多くのお客様から必要とされており、その声にお応えする形で4月より発売を開始しておりました。
4,000dpiの解像度をもって、アナログでありながらシンプルでコストを抑えた同機は、多くの関心を寄せ、実際に会場には既存のユーザー様以外にも関連業者様・異業種の方まで多くご来場をいただき、連日賑わいを見せていました。



その他にも会場では、まず菊半裁オフセット4色機「OL-466SDP」で、速乾インクでの4色印刷を行ない、更にストップシリンダー型スクリーン印刷機「MS-80AII」で、クリアー印刷や、金ラメ印刷といった付加価値印刷を加え、最後に複合加工機「OL-66RCS」での抜き加工を行うことで、紙ファイルと名刺ケースを製作する一連のデモンストレーションをご覧頂きました。印刷だけでなくこうした後加工で付加価値をつけお客様の利益に貢献できるご提案をさせていただきました。

東京ショールーム展は3年ぶり開催となりましたが、3日間で170名近いお客様のご来場があり盛況のうちに幕を閉じました。これからも皆様から頂いた貴重なご意見・ご感想を参考に製品の品質向上を追求し、多様化するニーズに、お応え出来るよう努めて参ります。

ご来場頂きましたお客様に心より感謝申し上げます。

今回の出展機

・印刷シート自動検査装置 「MS-102INS」

・サクライイメージセッター 「SIS-2800」

・菊半裁2色両面兼用オフセット印刷機 「OL-266SIP」

・菊半裁4色両面兼用オフセット印刷機 「OL-466SDP」

・ストップシリンダー型全自動スクリーン印刷機 「MS-80AⅡ」

・ロータリー複合加工機 「OL-66RCS」