株式会社桜井グラフィックシステムズ株式会社桜井グラフィックシステムズ

第6回 岐阜工場新技術発表会レポート

去る4月13日(水)~16日(土)の4日間、岐阜工場において第6回新技術発表会が開催されました。今回も光文堂様の協力展示により、より多くのお客様にご来場頂き、4日間の会期中、総数410名様(海外客先32名)の来場があり、各種展示印刷機のデモ印刷を熱心にご覧いただきました。

今回、枚葉オフセット印刷機では、「OLIVER-580SDC」(四六半裁5色オフセット印刷機/LED-UV乾燥装置・コーター装置付)を展示・実演しました。印刷後とコーティング後の2か所にLED乾燥装置を搭載し、カラー印刷と表面ニス引きをLEDインキとニスを使用して実演を行いました。また、水なしLED版とインキで、省エネで環境にやさしく、印刷効率を向上できるメリットをご覧頂きました。
5色機・コーター付機を駆使することにより疑似エンボスなどの特殊印刷効果も行うことが出来るなど、特にパッケージ印刷分野でのオフセット印刷の応用範囲の広がりを実証しました。

また、オフセット機の新開発機種としては「OLIVER-266SI」(菊半裁2色片面機セミパイル仕様)を初披露しました。4色以上の機械の補助機としての菊半裁2色機の利便性の良さをアピールしました。

スクリーン印刷機では、バージョンアップしたロールツーロール機、「MSDR60」(ダイレイクト駆動シリンダースクリーン印刷機)は、これまでより実証的な印刷ラインにして50ミクロンの薄いフィルムに高精度印刷を行い、ご覧頂きました。枚葉機では投入できない、極薄・被印刷材料を使用した電子機器等への、付加価値の高い印刷を行うことが可能な機械であることを示すデモ印刷を行いました。

また、スクリーン印刷においてもLED乾燥を行えることを、新開発の「MAESTRO-80AⅡ」ライン(シリンダースクリーン印刷機)でのデモ印刷で実証しました。「MS-80AⅡ」(注※製品略称)は従来より高速且つ、薄いフィルム材料でもより安定した印刷が出来るため、生産性が向上するとお客様から評価を頂きました。


また四六全判の大きな材料への精密印刷を目的とする「MS-110-DDS」も新機種として披露し、同様に薄いフィルムでも裏キズ少なく、高精度の印刷が行えることを実証いたしました。従来のギアーなどの機械的なシリンダー駆動方式から、サーボモーターを直接シリンダーに取り付けて駆動することによりメカ的な遊びを排除しています。


ますます多様化・高度化するお客様のニーズにお答えして最適・最良の製品づくりに務めて参ります。ご来場頂いたお客様へ心より御礼申し上げます。