株式会社桜井グラフィックシステムズ株式会社桜井グラフィックシステムズ

Drupa2016 出展情報

サクライは、平成28年5月31日(火)~6月10日(金)に、ドイツ・デュッセルドルフにて開催されるDrupa2016へ下記の通り出展いたします。

1962年の第4回Drupa展で国内印刷機メーカーとして初の出展を行い、それから毎回出展をしており、今回で連続13回目の出展となります。
サクライは現代のめまぐるしい印刷業態の世界的な変化を先取りして、より広範囲な「印刷を行う必要のある」方々全てを顧客対象とし、今回のDrupa展でもオフセット枚葉印刷機のみならず最新のスクリーン印刷機とその技術をご覧いただくべく準備を行っております。

開催概要

会 期:
平成28年5月31日(火)~6月10日(金)
会 場:
ドイツ・デュッセルドルフ市
デュッセルドルフメッセ会場 1~17号館+屋外展示スペース
当社小間:
Hall 3(3号館)A90

出展機種

スクリーン印刷機

・吸着シリンダー型ロールツーロール全自動スクリーン印刷機 「MSDR-60」

MSDR-60

枚葉機では給紙困難な70ミクロン以下厚みの極薄フィルムを印刷対象とする、主として電子工業分野での連続印刷を可能とするスクリーン印刷機です。印刷ひずみ、ロールの蛇行防止、高精度維持のための印刷ごとのCCDカメラによる印刷位置確認装置などを搭載した、サクライの高度技術を駆使した最新鋭スクリーン機となっています。印刷機のみならず、ロールフィルム巻出し、位置制御、材料の収縮などの障害を押える特殊乾燥装置、巻取装置など一連のライン構成も充実させています。スマートフォンに代表される電子機器の内部部分品への印刷応用に最適な印刷装置です。

・吸着シリンダー型枚葉スクリーン印刷機 「MAESTRO-80AⅡ」

MS-80AII

印刷材料サイズが800㎜x600㎜まで、厚みが70ミクロン程度から0.8㎜程度までの紙、及び各種フィルムを対象とする新開発の普及型枚葉スクリーン印刷機です。2002年から販売している従来モデル「MAESTRO-80A」を14年ぶりに現在の需要動向に合わせて改良した機種となります。増大する薄物フィルム材料への印刷を効率的にするために印刷速度範囲を時速400枚~4,000枚として10%高速化しています。それに伴い排紙ベルトなどを高速対応を図り、フィルム裏キズ軽減を兼ねた高速でも高精度を保つことが出来るように改良しました。操作パネルも見やすく操作性を良くするなど随所に改善を加えたバージョンアップ機となっています。今回同時にナットグラフ最新UV硬化装置と連結してスクリーン加飾印刷などをデモ印刷する予定にしています。

オフセット印刷機

・四六半裁5色オフセット印刷機「OLIVER-580SD」(LED-UV乾燥装置、コーター装置付き)

OLIVER-580SD

オフセット印刷機は四六半裁5色印刷機「OLIVER-580SD」(LED-UV乾燥装置、コーター装置付き)を出展し、LED-UVを利用した速乾印刷、擬似エンボス等の付加価値印刷、環境負荷が低く、水調整などのスキルが不要な「水なし印刷」などの実演を行います。OLIVER-580SD四六半裁枚葉オフセット機は重厚なフレーム、ベッド構造により時速15,000回転の高速印刷にも高い耐久性を維持し、倍径圧胴、逆くの字同配列で高精度印刷を実現世界中のユーザーから高い支持が得られています。

Drupa展にお越しの際には、是非とも当社ブースにお立ち寄り頂きます様御願い申し上げます。皆様のご来場をお待ちしております。

お問い合わせ先

株式会社桜井グラフィックシステムズ 海外事業部
TEL:03-3643-1131 /FAX:03-3643-1138
担当:古見・中澤